他社さんより高ければスグにご相談ください!地域で一番の安さを宣言!
営業時間 8:00~20:00 年中無休
メールでのお問い合わせはこちら

板野町の遺品整理

板野町は、徳島県の北東部、阿讃山脈の麓に位置する町で、昭和30年(1955)に板西町、松坂村、栄村の1町2村が合併し、古くからこの地の名称「板野」を町名として、板野町が誕生しました。町内にはJリーグ徳島ヴォルティスの練習場&オフィスの徳島スポーツビレッジがあります。農業は、肥沃な吉野川沖積層を土壌に洋人参や白瓜・ダイコン、それに転作作物のレンコンの安定供給基地となっており、県内農業の中核的位置を占めています。
遺品整理について関係の深い『高齢化率』は板野町で30.0%(2015年)で県内では低いが、『空き家率』でみると、徳島県は全国5位の高さで17.5%(2013年)です。
板野町のごみ処分は、ごみの減量と循環型社会の形成を進めるため、「指定ごみ袋制」となっています。粗大ごみ・電気製品については戸口回収はしておらず、環境センターに持ち込み処分(有料)となっています。

板野町の実例

板野町の遺品整理(2階建て一軒家)

お客様の声
両親が亡くなってから物置状態になっていた部屋を、リアライフさんに片付けに来てもらいました。家じゅうの押入れにふとんが詰まっていましたが、この際とおもい、使う分以外全部、処分してもらいました。おかげさまで、家じゅうの押入れが空になって、快適です。ありがとうございました。(板野町在住40代男性)
スタッフより
この度は、お部屋のお片付け・遺品整理をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
今回、物置部屋のようになっていたお部屋ですが、綺麗になりまして本当に良かったです。遺品の整理というと、大切なお品物や日ごろ使っていたお荷物の整理をイメージされるかと思いますが、実際のところはこのような、使用しないお布団や物置状態のお片付けが大変かと思います。一部屋だけのお片付けも承っておりますので、お気軽にご相談ください。(30代男性遺品整理士)

板野町の遺品整理・ごみ屋敷片付け(平屋2DKとガレージ)

お客様の声
板野町に住んでいたおばが亡くなり、物でいっぱいのこの家をどこからこの荷物を片づけたらいいか、途方に暮れていたところに、インターネットで見つけて見積りをお願いしました。何社か比較しましたが、見積もりの説明が分かりやすく丁寧で、他の会社は、なんとなく胡散臭いところもあり、一番印象の良かったリアライフさんにお願いしました。
おばが踊りをやっていたので、たくさんの着物もありましたが、柄行が独特なので全部処分をお願いしていました。作業中、担当者さんが新品の着物の箱を取っておいてくれたので、見てみると私でも着れる優しい色合いの色無地と小紋が入っておりましたので、形見として持ち帰らせて頂きました。『全部処分で構わない』とお伝えしていたのに、確認の為に取っておいてくださって、担当者さんのお気遣いに驚き、感動しています。本当にありがとうございました。(徳島市在住50代女性)
スタッフより
お問合せの時に、『たんすが埋まるほどのごみ屋敷』とおっしゃるのでお伺いしてみたら、本当に、スーパーのナイロン袋の山で、たんすが埋もれそうな具合になっていました。しかし、テレビのあるお部屋やお台所はすごくキレイだったので、対照的でした。
作業当日、そのナイロン袋を開けてみると、一つ一つずぼんやスカート、ハンドバッグなど衣類やバッグが1~2枚ずつナイロン袋に入っていたので、一個一個ほどいて分別しました。これだけの山を分別するのは、手間がかかりますが、丁寧に分けることによって、リサイクルできるものもたくさんありましたので、きれいに分別・運び出しができてよかったなと思います。
お着物については、おばさまが踊りをされていたということで粋な柄行と汗じみの木になる着物が多くありましたが、まだしつけのついたお着物がありましたので、よけておきました。形見としてお持ち帰りになられて、本当に良かったです。(30代女性遺品整理士)

板野町の遺品整理(アパート)

お客様の声
兄弟がみな、地元徳島を出ているので、父が一人で住んでいたアパートの片付けをお願いしました。几帳面にモノを置いておく性格だったので、どの部屋も荷物がいっぱいあるし、ベランダにはガーデニング用品やテントまで作りつけていたので、すべて撤去をお願いしました。なかなか物が多くて大変だったと思います。遅くまで頑張ってくださってありがとうございました。(関西在住60代男性)
スタッフより
この度は、大切なお父様の遺品整理をご依頼頂きまして誠にありがとうございました。
今回、大きな家具は4点ほどでしたが、こまかい日用品や衣類、本や小物が多く、分別と運び出しに時間が掛かってしまいました。また、ベランダもたくさんのガーデニング用品・大工道具・テントや土、鉢などもたくさんありました。植物のお世話がご趣味だったのだろうとうかがい知れます。今回、予定していた時間よりオーバーしてしまいましたが、なんとか1日で終わって良かったと思います。ありがとうございました。(30代男性遺品整理士)