他社さんより高ければスグにご相談ください!地域で一番の安さを宣言!
営業時間 8:00~20:00 年中無休
メールでのお問い合わせはこちら

鳴門市の遺品整理

鳴門市は四国の東部、徳島県の東北端に位置しており鳴門海峡をへだてて淡路島に対峙し、本州と結ぶ四国の東玄関の役割を持っています。淡路島との間には市名の由来となった鳴門海峡があり、渦潮が有名です。県下有数の観光都市であると同時に、地元発祥の大塚グループ関連の工場や企業、施設が多数立地する企業城下町としての側面も持ち合わせています。また、特産品として、鳴門金時や鳴門わかめ、鯛、レンコンなどが有名です。
遺品整理について関係の深い『高齢化率』は鳴門市で31.2%(2015年)で県内では低いが、『空き家率』でみると、徳島県は全国5位の高さで17.5%(2013年)と高いです。
鳴門市のごみ処分は、ごみの減量と循環型社会の形成を進めるため、「指定ごみ袋制」を導入、袋に氏名を記入することで、自分が出すごみに責任を持っていただくため記名制となっています。粗大ごみ・電気製品については戸口回収はしておらず、クリーンセンターに持ち込み処分(有料)となっています。

鳴門市の実例

鳴門市の遺品整理(2階建て一軒家)

お客様の声
葬儀会社の紹介で、鳴門市にある祖母の家を片付けてもらいました。田舎の大きな家、しかも戦後の物のない時代に生まれた祖母なので、『モノを捨てる』という観念がなく、ほんとうにモノが多く困っていました。家族で片付けていた時は、隙間なく詰まった押入れや収納に、どこから手をつけたら良いかわからないし、イライラして泣きそうでしたが、プロの方にお願いしてあっという間に片付いて本当に良かったです。絶対自分たちで片付けていたら何か月もかかっていました。キレイにして頂いて、ありがとうございます。(徳島市在住30代女性)
スタッフより
今回、2階が3部屋、1階も3部屋という間取りの大きなお家でしたが、特に居間と台所が特にモノが多く感じました。衣類はもちろんのこと、お鍋ややかん、蒸し器、フライパンなどもたくさんありましたが、モノを大切になさるこの年代のおばあさまなら当然のことです。また、回収した遺品は、丁寧に分別しリサイクルされますので、ご安心頂けたらと思います。(30代男性遺品整理士)

鳴門市の遺品整理(マンション1LDK)

お客様の声
遺品はクイーンサイズのベッドやソファー、食器棚など、大型で運び出すのが大変なサイズのものが多くありましたが、暑い中、一生懸命綺麗にして頂いて、ほんとうにありがとうございました。マンションも売却予定でしたが、すぐに買い手の人が見つかりました。ありがとうございました。
スタッフより
今回の遺品整理では、マンションは売却されるとのことでしたので、壁や床にキズをつけないよう、気を付けて運び出しさせていただきました。大きな家具がたくさんありましたが、なんとか分解や運び方を工夫して運び出すことができました。差し入れのシュークリームありがとうございました!(20代男性遺品整理士)

鳴門市の空き家の片付け(2階建て一軒家5DK)

お客様の声
鳴門市に住んでいたおばの家を片付けてもらいました。おばは生涯独身で、一人でこの大きな家に住んでいたので、これは自分たちで片づけられる量じゃないと、早々に感じて、全部お任せしました。どの部屋もたくさん荷物があり、時間的にも体力的にも本当に助かりました。おばが所有するアパートの鍵も探してはいたのですが、どこにあるのかさっぱりわからなくてお手上げでした。土地の権利書も含めて、リアライフさんがしっかり見つけて下さり、大変助かりました。ここの会社にしてよかったです!
スタッフより
大切なおばさまの遺品整理をご依頼いただき、誠にありがとうございます。
今回の遺品整理は、5部屋+キッチン、脱衣所、風呂、トイレ、という間取りでしたが、収納も多く、4トントラック2台、4人×2日間で片づけることができました。
お探しのアパートのカギですが、ほとんどが小さなポチ袋で『102』など書かれた中に入っていましたが、電子レンジの下から出てきたり、食器棚の中から出てきたり、クッキーの箱から出てきたりと、様々なところから出てきましたが、土地の権利書と併せて、鍵も各部屋2本ずつそろえてお渡しすることができて、本当に良かったです。
リアライフの強みは、『遺品整理専門の会社であること』です。ただ、家財道具を処分するのではなく、大切な遺品の仕分けを丁寧に行うことで、ご遺族様にとって必要な遺品や貴重品を探し出し、お渡しすることが私たちの使命だと日々感じております。ご利用いただけて本当に良かったです。(20代男性遺品整理士)