他社さんより高ければスグにご相談ください!地域で一番の安さを宣言!
営業時間 8:00~20:00 年中無休
メールでのお問い合わせはこちら

つるぎ町の遺品整理

つるぎ町は、徳島県北西部に位置する町で、2005年(平成17年) 半田町・貞光町・一宇村が新設合併してできました。合併当初、人口は約1万2000人ほどであったが、過疎化の為に年々、右肩下がりで減少し、2013年(平成25年)に1万人を切り、現在は約9900人ほどです。多くの巨樹、巨木があることから、巨樹をいかした地域おこしを実施しており、特に、巨樹めぐりツアーは、民間旅行会社の旅行商品として販売されるまでになっています。
遺品整理について関係の深い『高齢化率』はつるぎ町で43.3%(2015年)と高く、『空き家率』でみると、徳島県は全国5位の高さで17.5%(2013年)です。
つるぎ町のごみ処分は、ごみの減量と循環型社会の形成を進めるため、「指定ごみ袋制」となっています。粗大ごみ・電気製品については戸口回収はしておらず、美馬市にあるクリーンセンターに持ち込み処分(有料)となっています。

つるぎ町の実例

つるぎ町の遺品整理(2階建て一軒家)

お客様の声
おばの家が5年以上空き家で、ときどき立ち寄って整理や換気をしていましたが、私も体を悪くして、管理が大変になってきたので、中身の片付けをお願いしました。
着物タンスや整理たんす、水屋など重たい家具や家電製品がたくさんあり、大変かと思いましたが、1日で終わって主人も私もビックリです!本当にありがとうございました!もう何年もほったらかしにして、掃除だけしていましたが、こんな便利なサービスがあるならもっと早くお願いしておけば良かったです!(50代石井町在住女性)
スタッフより
この度は、おばさまのお家のお片付け・遺品整理をお任せいただいて誠にありがとうございます。空き家になってから5年と聞いていましたが、奥様の管理やお手入れが行き届いていたのか、ホコリもほとんどなくとてもキレイな状態でした。
今回、1日で荷物の梱包・運び出しと簡単なお掃除をさせていただきましたが、大きな家具やその中身、家財道具や生活用品は案外、たくさんのボリュームがあります。どうしてもお家の人だけでは、全部できることではないので、何年もそのままにしているお家は、1周忌や3周忌など、何かのタイミングでプロによるお片付けを依頼したほうが、お客様のご負担も減るのではないかと思います。(30代男性遺品整理士)

つるぎ町の遺品整理(団地の片付け)

お客様の声
他界した父が、一人で住んでいた団地を退去することになって、あまりにも物が多すぎて、どこから手をつけていいかわからず、リアライフさんにお願いしました。
買い物のレシートや日頃のメモ書きはもちろん、届いたカタログやDM、通信販売の段ボール、梱包材など、本当に自分たちで片づけたら、いちいち見だして進まないところを、リアライフさんにお願いできて、だいぶ楽になりました。見ていて、手際が全然違うなと感心しました。それと、都道府県ごとの記念硬貨を集めるのが趣味だったので、発見してまとめて残しておいてくださって助かりました。今回、物が多いと本当に大変だと思ったので、私達兄弟は、子供たちに迷惑をかけないように、要らない物は今のうちから減らしていきたいと思います。(阿南市在住50代女性)
スタッフより
今回、大きな家具はそんなになかったのですが、通販で届く段ボールの小箱や、メモ書き・封筒・レシート・DM・カタログ・チラシなど紙関係がたくさんあり、重要な物が紛れていたらいけないので、確認もしながら仕分けさせていただきました。お客様のおっしゃる通り、遺品の整理は『ものの多さ』がやはりネックになってきます。遺品整理を経験された方は、この大変さを知って、お元気なうちから片づけられる方も多いです。リアライフでは、生前整理ででたご不用品の回収やお手伝いもやっておりますので、お気軽にご相談ください。(30代女性遺品整理士)

つるぎ町の空き家の片付け

お客様の声
おばあちゃんちの片付けをお願いしました。大昔の家で、3畳や4畳半くらいの部屋が何部屋あるのかわからない、段差も多い昔の作りでしたが、2日で片付いてホッとしています。
いとこと一緒に立ち会わせて頂きましたが、スタッフの皆さんの言葉遣いや対応がよくて、気持ちが良かったです。ありがとうございました。(40代京都府在住女性)
スタッフより
この度は、2日間にわたって、遺品の整理にお立会いいただきまして、大変お疲れさまでございました。おっしゃる通り、お部屋数が大変多く、迷路のような部分もありましたが、無事きれいに運び出し・お片付けできて本当に良かったです。また、スタッフの言葉遣いや対応をお褒め頂いて誠にありがとうございます。お客様には、満足して頂く、さらにその上の『感動して頂く』ことを目標に掲げております、物の片付け・運搬が仕事と思わず、お客様の気持ちに触れる接客業として、これからも恥じない遺品整理をしてまいります。ありがとうございました。(20代男性遺品整理士)